高品質なジャイロコンパスや電磁ログなどの航海計器により、正確な船の方位や船速情報を提供し、船の安全運航を支援します。また、高機能なオートパイロットによる自動操舵により、操船負荷や燃費を低減し、乗組員および船会社にご安心いただける環境を提供します。

近年ではタッチパネルによる操作性の向上や操船の負担を大幅に軽減する航法支援システムの開発など、船舶の安全性や効率性を一層高めることにより、海運・造船・水産業界の発展に寄与し続けております。

事業の特徴

航海事業
  • 製品の企画、設計、製造、販売、保守まで一貫した「お客様志向」。鋳物をはじめとする各種部品を自社生産することにより、お客様のカスタマイズ・特注にも柔軟に対応。

  • 日本国内だけではなく、グローバルにおいて事業を展開。

  • 安全に関する国際基準など、各種規格に適合した製品をご提供するため、自社内での研修や国内外との情報交換をはじめとする積極的な活動を実施。

  • 長寿命と高信頼性を徹底追求した、豊富なラインナップのジャイロコンパス。動揺台をはじめとする開発・製造・試験に必要な特殊設備も完備。

  • 高度な制御技術を駆使し、幅広い船舶に装備可能なオートパイロットシリーズ。安全運航と燃費低減に大きく貢献。

  • 長年の実績を誇り、経済性・安全性・操作性に優れた電磁ログシリーズ。巨大な試験水槽を用いた検査により極めて正確な船速表示をご提供。

導入実績

主な取り扱い製品

ジャイロコンパス

高速回転させたコマの回転トルクと、地球の重力および旋転とを利用して真方位を検出し、船首方位を表示する方位検出機器です。大きな設置スペースを必要としないモジュール設計を採用し、省スペース化を実現。メンテナンス性に優れ、高信頼性と長寿命を両立しております。

オートパイロット

ジャイロコンパスが検出した船首方位を使って、自動的に船舶の針路を保持する装置です。電磁弁制御、トルクモータ制御をはじめとする様々なタイプの舵取機に対応しております。適切な舵角で船速低下を最小限に抑えながら目標とする船首方位を保持することにより、燃費を低減するなど省エネに寄与しております。

電磁ログ

船底の水流から船の対水船速および航程を計測・表示する船速距離計です。ファラデーの電磁誘導の法則を応用し、船が航走することにより誘起される起電力を船速に換算して表示します。センサには1軸(前後方向)と2軸(前後/左右方向)があり、船底条件に応じた船底弁、非突出型センサを提供しております。

海図プロッタ

GPSの位置情報を利用し、自船位置をプロットテーブルに設置された紙海図上に、ライトマークで表示する航海支援用の船位表示装置です。自船の位置が常に自動表示されますので、乗組員は安心して操船や気象観測、通信や船内業務等に専念できます。